医師求人の年収はいくら?

医師求人の年収はいくら?

医師求人の年収は、経験年数によって大きく異なります。経験10年で1000万円、20年で1500万円といったように、経験によって大きく年収が変動する傾向があります。院長クラスですと、3000万円を超えることもめずらしくありません。

大きな病院か、小さなクリニックであるかによっても大きく変動します。個人経営でやっている歯医者などは、経営状態が悪化してつぶれてしまうことも珍しくないようです。逆に、高齢者が増加している状況ですので、ベッドがたくさんあるような大きな病院では、安定して収入を得られる傾向があります。

医師求人をインターネット以外で探す方法

医師求人はインターネットなどですぐに見つけることができますが、絞り込むのが難しいほど情報がたくさん出てきます。その中から働きたい条件を探すことがポイントとなります。

精神科などの医師求人については、常勤の正社員はもちろんのこと、医師アルバイトや当直といった求人も探すことができます。

医師求人サイトで万が一希望に合わなかった場合も、サイト登録をすれば検索しやすくなります。その他の探し方としては、友人や知人を頼ることも多いようです。また、医師や知り合いの先生などの紹介からできることもあるようです。運がよければツテで働くことができるかもしれません。

医師求人をする医療現場の改革

医師求人は医療の多角化によって人材不足が指摘されています。特に、現代病とも言われる、うつ病や精神疾患を診察する精神科では、専門の知識やスキルはもちろん、患者の状態をしっかりと把握し、長期間に渡ってケアする必要があるため、比較的慢性的な医師不足が続いています。

また、産婦人科では検診を行う婦人科よりも出産の現場に携わる産科が減ったことや、産婦人科を学ぶ医師が減り、医師不足が深刻化しています。しかし、その対策として、医師の長時間業務における働き方や働く環境を改革する大きな動きも見られています。結果、それらの環境を変化させて医師求人を行う医療現場も増えていくことでしょう。

医師不足解消に向けての医師求人

高齢化が進む中、精神科の医師不足は深刻な状況です。年齢を重ねるごとに不安を抱えたり生活に困ったりしている高齢者のケアは、今後ますます需要が高まっていくことでしょう。

医師不足を解消するため、勤務時間の改善とともに働き方改革を積極的に実施するなどの医師求人も増えています。勤務できる病院は、全国各地に多数あります。

精神科の仕事は幅広く、例えば、強い不安や抑うつ、不眠などさまざまな症状に向き合います。症状によっては投薬治療も必要ですが、核家族が進み孤立する高齢者も多い現代では人との関わりに飢えていることからこうした症状に発展することも多いため、コミュニケーションをいかに取るかが重要といえるでしょう。

医師求人の在り方について

働き方が多様化してきた現代では、一般のサラリーマン転職と同様に、医師求人の在り方も近年多様化してきました。

現代ではインターネットサイトで医師転職する人の割合はかなり高く、医師求人とキーワードを入れるだけで、数え切れないほどの求人サイトが表示されます。どのサイトも特色があり、ストレートに年収を売り文句にしていたり、内科や外科、精神科や神経科などの大まかな分野から細かな分野で検索することもできます。

また、勤務形態や福利厚生が特徴になっているなど、医師が必要としている情報を盛り込んだものが多いので、自分が必要な条件を絞り込んで医師求人を検索することが可能になっています。