無医村での多くの医師募集

無医村での多くの医師募集

日本の地方には医師が常駐していない無医村が多く存在しています。人工の減少が続き、そこにいた医師が様々な理由で不在になってしまいます。医師自体の高齢化により廃業している場合もあります。無医村になるような地域の魅力は、患者数が少ないので、じっくりと一人の患者を診察することができます。1日に診察しなければならない患者数が都会の病院に比べると極端に少ない状況です。
また、患者とも顔なじみになるため、きめ細かい医療が可能になります。生活改善指導にも変化が手に取るように実感することが可能です。これらの地域での医師募集は多く行われています。